コラム|浦和駅前・浦和区で歯科・歯医者をお探しの方は痛みを抑えた治療で評判の【すずき歯科医院】まで

〒330-0062
浦和区仲町1-6-6
うらわメディカルBld.4F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2020.6.23通常診療のご案内

新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう自粛のため不定期休診しておりましたが、通常診療に戻りました。どうぞご来院ください。


2020.6.23夏季休診のお知らせ

8月9日(日)〜14日(金)まで休診いたします。


2020.4.1新型コロナウイルスへの対策について

従来より殺菌・滅菌を徹底的に行ってまいりましたが、このたびの新型コロナウイルスやインフルエンザ対策として患者様へのお願いおよび院内取り組みの継続・強化を行っております。

 

 

≪ご来院される時のお願い≫

※来院前の検温・手洗い・消毒
体調が優れない場合は、当院までご連絡いただきアポイントのご変更をお願いいたします。現在、診療日数を減らして診療しております。

 

 

≪ご来院時のお願い≫

※「検温の実施と消毒薬による手指の消毒・うがい」にご協力ください。検温時、37.5℃以上の場合は、診療の延期をお願いしております。予めご了承ください。

 

※治療開始前の洗口のお願い

 

 

≪ご来院を控えていただきたいケース≫

※かぜの症状や発熱・のどの痛み・咳・息切れ・強いだるさ(倦怠感)がある方

 

※現在、味覚異常や嗅覚異常を感じられている方や同居する方に発熱・咳などの症状がある場合

 

※過去1ヶ月以内に海外渡航歴のある方

 

 

≪院内の取り組み≫

※スタッフ全員の検温の実施とマスク着用の徹底。(受付対応時も着用しておりますことご理解下さい)

 

※治療器具などは、患者さん毎に常に殺菌 / 滅菌されたものの使用を継続。

 

※口腔外バキュームで、治療で出る飛沫や粉塵などの吸引を継続。
※紙コップやエプロンなど患者さんごとに使い捨てものの使用を継続。


※ビル内の24時間換気システムを設置。
※診療時間中は常時窓を開け、診察室や待合室の空気が頻繁に入れ替わるように換気を徹底。
※待合室やユニットなどを始め、院内のアルコール消毒実施。
※院内感染防止のため、おもちゃや本を撤去。

 

※診療時間、診療内容の変更を当分の間実施(詳細はお電話にてご確認ください)。

 

※待合室、診療室にて患者さんが密集しないようご予約をコントロール(ご協力ください)。

 

 

ご来院される患者さんが安心して治療を受けていただけるよう、環境を整えておりますが、このようなご時世でもありますので、心配な方はご予約の変更も承っておりますので、ご連絡ください。
一刻も早くこのような事態が収束されることを願うとともに、今後とも最大限感染防止に努めてまいります。


2019.10.26年末年始休診のお知らせ

12月29日(日)~1月5日(日)まで休診いたします。


2019.8.28/20(火)14:00~ イベント開催のお知らせ

「予防歯科を知ろう!」のイベントを開催します。参加費無料で事前お申込みも不要です。予防歯科についてのお話やむし歯菌の検査、お悩み相談など行います。お気軽に当院までお越しください。心よりお待ちしております。


コラム

いつからいつまで?小児歯科に通う年齢

歯医者さんには「小児歯科」という診療科がありますよね。病院の「小児科」と同じように、子供が通う診療科であることは容易に想像できます。けれども、いつからいつまで通うものなのか、具体的な対象年齢というのははっきりしませんよね。ここではそんな小児歯科に通う年齢について詳しく解説します。

最初に通うのはいつ?

小さなお子さまがいらっしゃる方は、最初に小児歯科へ受診する年齢をまず知りたいですよね。これは厳密な決まりはないものの、最初の歯が生えてきたら、とりあえず一度、小児歯科の歯医者さんに診てもらっても良いかと思います。ただ、特別気になる点がなければ、1歳半くらいに受診しても良いでしょう。その頃になると、むし歯の予防処置が必要になります。

小児歯科を卒業する年齢とは

小児歯科は、子供が通う診療科ですから、いつかは卒業しなければなりません。具体的な年齢というは、歯科医院によって異なります。中学生になると、一般歯科に移行してもらう歯科医院もあれば、高校を卒業するまで、小児歯科で診療する歯科医院もあります。ですから、年齢としては12歳から18歳の間に区切りを設けている歯科医院が多いといえます。

歯だけではなく成長発育もみてもらえる診療科

小児歯科では、主にむし歯の予防や治療を行っていますが、同時に体の発育も診てもらえます。とくに、小児期というのは、顎の骨や歯が成長する大切な時期ですので、しっかりと見守ってくれる歯医者さんが不可欠です。そのため、できるだけ早い段階でかかりつけ医のような歯医者さんを見つけることが大切です。そうした信頼できる主治医に、お子さまのお口の健康を任せることをおすすめします。

まとめ

このように、小児歯科には厳密な対象年齢が設定されていません。何歳から受診して、何歳になったら一般歯科へ移行するのかは、それぞれの歯科医院の方針によります。ですから、年齢に関してはそれほど気にする必要はありませんので、何か困ったことがあったら、とりあえず小児歯科を受診してみてください。