コラム|浦和駅前・浦和区で歯科・歯医者をお探しの方は痛みを抑えた治療で評判の【すずき歯科医院】まで

〒330-0062
浦和区仲町1-6-6
うらわメディカルBld.4F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2019.3.19ゴールデンウィーク休診のお知らせ

4月28日(日)、29日(月)、5月1日(水)~6日(月)まで休診とさせていただきます。
4月30日(火)は診療いたします。


2018.8.3予防歯科の参加型セミナーを行います

8月21日(火)9:00より「むし歯や歯周病にさせない!」ための予防参加型セミナーを開催します。事前お申込み不要ですので、お気軽にご来院ください。


2018.7.21夏季休診のお知らせ

8月9日(木)〜16日(木)まで休診とさせていただきます。


2018.4.12ゴールデンウィークの休診のお知らせ

ゴールデンウィークはカレンダー通りの診療となります。


2017.11.15ホームページを公開しました

1月にリニューアルオープンいたします。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。


コラム

一般歯科での歯石除去による歯周病治療

皆さんはお口中で、何か気になるところはありませんか?歯垢や歯石の沈着が目立つようであれば、毎日の歯磨きに何か問題があるかもしれません。とくに歯石は一度形成されてしまうと、歯ブラシで落とすことはほぼ不可能ですので、一般歯科を受診した方が良いといえます。ここではそんな一般歯科における歯石除去やブラッシング指導について詳しく解説します。

歯石はどうして歯ブラシで落とせないの?

歯石は、とても硬い物質です。その名の通り、石のように硬く、そう簡単には取り除けません。もとになるのは歯垢なのですが、長期間、唾液などにさらされることによって石灰化が起こり、硬くなります。脱灰した歯が再石灰化するメカニズムと同じですね。そのため、歯石を除去するとなると、スケーラーなどの専用器具が必要となるのです。

歯石が気になったら一般歯科へ

歯石の除去は、主に一般歯科で行っています。一般歯科は、むし歯や歯周病の治療を行うところですので、その両方の原因となり得る歯石を除去してくれます。歯科医院によっては、歯周病科で歯石の除去を行う場合もあります。なぜなら、歯周病の主な原因は、歯周ポケット内に形成された歯石だからです。

歯周病治療は、そうした深い部分に形成された歯石を除去することが主な目的となっています。これは歯石に歯周病菌が住み着く習性があるからです。実際、歯石を取り除くことによって、歯肉の炎症や出血は改善されていきます。とはいえ、目で見える範囲に形成された歯石は、一般歯科で除去してくれることがほとんどです。

どうやって歯石を取り除くの?

歯石を除去することを「スケーリング」といいます。スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯の表面をガリガリと削ることで、歯石を除去します。超音波スケーラーを使う場合は、ガリガリとは削らず、軽く歯面にあてるだけで、歯石が取り除かれていきます。スケーリングは、専門的な技術が必要な処置ですので、患者さんご自身で行うのはあまりおすすめできません。歯石を除去できても、歯質まで傷つけてしまう可能性が高いからです。

まとめ

このように、歯石除去をお願いしたい場合は、一般歯科を受診しましょう。歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って、丁寧に取り除いてくれます。同時に、歯周病の症状も改善されていきます。