コラム|浦和駅前・浦和区で歯科・歯医者をお探しの方は痛みを抑えた治療で評判の【すずき歯科医院】まで

〒330-0062
浦和区仲町1-6-6
うらわメディカルBld.4F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2019.8.28/20(火)14:00~ イベント開催のお知らせ

「予防歯科を知ろう!」のイベントを開催します。参加費無料で事前お申込みも不要です。予防歯科についてのお話やむし歯菌の検査、お悩み相談など行います。お気軽に当院までお越しください。心よりお待ちしております。


2019.7.31夏季休診のお知らせ

8/11(日)~16(金)まで休診いたします。なお、17(土)より通常通り診療いたします。


2019.3.19ゴールデンウィーク休診のお知らせ

4月28日(日)、29日(月)、5月1日(水)~6日(月)まで休診とさせていただきます。
4月30日(火)は診療いたします。


2018.8.3予防歯科の参加型セミナーを行います

8月21日(火)9:00より「むし歯や歯周病にさせない!」ための予防参加型セミナーを開催します。事前お申込み不要ですので、お気軽にご来院ください。


2018.7.21夏季休診のお知らせ

8月9日(木)〜16日(木)まで休診とさせていただきます。


コラム

一般歯科で受けられる根管治療とは

むし歯が重症化すると、エナメル質と象牙質を溶かし、歯の神経にまで感染が広がります。この時に必要となるのが「根管治療」です。一般歯科でも受けることができる根管治療ですが、むし歯治療の中でもかなり難易度の高い処置となっています。ここではそんな根管治療について詳しく解説します。

根管治療とは

根管治療とは、歯の根っこの治療です。といっても、歯の根っこである歯根(しこん)そのものをどうにかするのではなく、根管(こんかん)と呼ばれる空間をきれいにお掃除するのが根管治療です。

むし歯が進行すると、根管内に存在する歯の神経が侵され、やがては死んでしまいます。そんな歯の神経を抜き取って、根管内を洗浄、消毒することが根管治療の主な目的です。そう聞くと、とてもシンプルな歯科処置に思えますが、根管というのはとても細い空間で、肉眼ではそのすべてを確認することが困難です。そのため、難易度の高い歯科処置といわれています。

どうして何度も通院するの?

これまで根管治療を受けた経験のある人は、1回や2回の通院で治療が完了しなかったことかと思います。長ければ数ヵ月に及ぶのが根管治療だからです。これは、根管内を無菌状態にするのに、とても長い時間がかかることに由来しています。毎回、根管洗浄剤や消毒薬を使って、根管内をお掃除するのですが、すべての細菌を除去するとなると、簡単には進まないのです。もしも中途半端な状態で根管治療を終えると、のちのち二次感染が起こってしまうため、時間をかけてでも徹底的に除菌しなければならないのです。

根管治療は歯を残すための最後のとりで

根管治療が失敗すると、あとは抜歯となってしまうことがほとんどです。つまり、根管治療は、歯を残すための最後のとりでといえるのです。それだけに、時間をかけてじっくり行うことも大切なのですが、もっと重要なのは、より早い段階で治療を受けることです。歯の定期検診を受けることで、むし歯の早期発見が可能となります。その結果、むし歯がまだ浅いところにとどまっている段階で治療を施すことができますので、残せる歯質の量も自ずと増えます。

まとめ

根管治療は、一般歯科で受けることができます。重症化したむし歯の治療となりますので、失敗すると歯を失う結果にもなりかねません。それだけに、むし歯は早期発見早期治療が何より重要といえるのです。